REPORT

[スタッフレポート]戸口佳寿勇Vol.29目立ってなんぼ「トラウトシーズンイン!」

 皆さんご無沙汰しておりますカズオです!

各地夏クローズの釣り場さんもオープンし始め、トラウトキング選手権も始まり、まさにエリアトラウトシーズンイン!な感じの季節になって来ました!

今季もトラキンをはじめとする各種大会に出来る限り積極的に参加していきたいと思ってます(^^)

目指す目標はマイスター!と自分にプレッシャーを掛けて挑んでいきたいと思います!

DAYSPROUTとしても11/14開催のIDFYカップを皮切りに各地で地方予選もありますので皆さん奮ってご参加くださいね(^_-)

もちろん僕もIDFYカップには参戦予定ですが、その前に鈍った試合勘を取り戻すべく先日行われた栃木県にあるアングラーズパークキングフィッシャーさんで行われたシリーズ戦に参加させていただき、3位入賞を果たせたのでそちらのレポートをさせていただきたいと思います(^^)

キングフィッシャーさん自体お邪魔するのも久しぶりでもちろんプラクティスもしてない状態。何の情報もない状態での大会参加になったわけですが、1回戦から決勝戦まで、プラグニストの僕としては異例の『ほぼスプーンのみでの釣果』での入賞となりました!以前レポートした、カズオ式放流方程式に準じた、放流はロニサ3.3gでスタートし、ロニサライト1.8g、マリーダ1.3gをメインスプーンとしながら時折りメッシュ1.1gで拾っていく展開がハマり勝ち星を獲得する事が出来ましたよ(^^)v

僕の腹の中としては、ディッシュとイーグルプレーヤーGJを駆使して勝ち星を挙げ、皆さんにアピールするつもりでしたが、そういう展開にならずに何年も使い続けて来たDSスプーン達に力を借りて表彰台にあげてもらう形になっちゃった訳ですが、、、

これはこれでDSスプーンがバッチリ釣果につながる事をアピール出来たかなと思います(^^)v あとこの日はエステルラインを使用するとバレや抜けが多発する場面が多く、1本を大切に取っていきたい場面ではエクスタンファイナリー+テレメトリーフロロ1.8lbを使い、エステルよりも伸びのあるフロロラインとエクスタン511ulファイナリーのロングソリッドティップでしっかりと魚の口に針を残して深いバイトに変えていったことも勝つ為のキーになってくれました!

昨今エステルラインが主流になって来ていますが、ラインそれぞれの特性を理解して当て込んでいく事も大切ですね!

皆さんも是非試してみてください!

さて、このいい結果を次戦IDFYカップに繋げられるように、準備とイメージトレーニングをしっかりして挑んでいきたいと思います!頑張るの1週間早すぎたねって言われないようにしないと…笑

 

DSカズオでした!